忍者ブログ
[67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75]  [76]  [77
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 わたしはカップの熱を手で感じ取りながらぺぺの話を聞いていた。時折出されたお菓子のクッキーを食べたけど何故か味が全然しない。味がないかわりにクッキーのもそもそした感触が口の中にはっきりと記憶に残る。ぺぺの声は聞こえるのだけれどわたしはペペが一体何を話しているのかが全然あたまに入れることができなかった。それは言葉というよりも工事現場のような騒音としてBGMとして聞こえるみたい。
 ああ、お姉ちゃんそこで何しとん。あれ、声が出ない。出してるつもりなんだけどそれが音になることはなくただ無音なだけ。じりりりりりりりりりりり
 ペペの声もいつの間にか聞こえなくなっている。音という音はここにはもうない。けれどぺぺが何かしゃべっているのは分かるしわたしがなにかを言ってるのも分かる。外で鳥が鳴いているような音も聞こえる。それはまるで小説を読んでいるようなだった。
 それとは別にわたしを不快にさせる音が実際に空気をふるわせて伝わる音が鳴り響く。お姉ちゃんとわたしは草をいっぱい握りしめて一緒にお茶を飲んでてお姉ちゃんはわたしに何か言ってるんだけどやっぱり聞こえない。何かとても悲しいことを言ってたんだけどよく思い出せない。それはつらいものでなくて何かこう目の先がつんとするような切ないこと。
 目を覚ますとわたしの頭の上では目覚まし時計が景気よくならしていた。わたしはふとんから手を伸ばして乱暴に目覚まし時計を止める。まだねむいからふとんに潜り込んでたらお母さんが入ってきて「おきた?」って言ったから「おきた」ってわたしはふとんに包まりながら言ってそれからもそもそ服を着替えはじめる。
 夢の余韻がまだ残るけどその内容は紅茶に牛乳を入れて混ぜ合わさっていくスピードとさほど変わらないぐらいの速さでどんどん消えてなくなる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 21:03 22:11 HOME 14:46 15:25 >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/31 jayhawk]
[05/29 なつ子]
[05/29 jayhawk]
[05/21 なつ子]
[05/19 jayhawk]
最新トラックバック
(10/04)
プロフィール
HN:
ひ口 なつ子
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/02/22
職業:
中学生
趣味:
絵を描くこと 読書
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/07)
(05/08)
(05/09)
(05/10)
(05/11)
(05/12)
(05/13)
(05/14)
(05/15)
(05/16)
(05/17)
(05/19)
(05/19)
(05/19)
(05/21)
(05/21)
(05/22)
(05/24)
(05/24)
(05/26)
(05/27)
(05/28)
(05/29)
(05/30)
(06/02)
P R
忍者ブログ [PR]